高圧受電設備更新の目安

受電設備にも寿命があります

電気を安定して供給するためには、受電設備の日々の維持管理が、当然必要です。しかし、適正な保守・保全がなされていても、経年変化による老朽化により、受電設備の機能や性能は徐々に損なわれてきます。

腐食によってケースに穴があき、
雨水が進入し短絡事故

ケーブル端末部短絡焼損事故

交換推奨年が近づいた又は経過した設備は計画的に取り替えることが必要です

電気機器を長期間使用すると、劣化により電気事故につながる恐れがあるため、下表を参考に機器の取替えをお奨めいたします。

受電設備更新の目安

機器名称 交換推奨年 機器名称 交換推奨年
高圧交流負荷開閉器 屋内用 15年
屋外用 10年
交流遮断器 20年
GR付き開閉器の制御装置 10年 保護継電器 15年
避雷器 15年 変圧器 20年
高圧ケーブル 25年 直列リアクトル 15年
断路器 20年 コンデンサ 15年
計器用変成器(VT・CT) 15年 電力ヒューズ 15年