電気なんでもQAコーナー

交流の電気にはプラスとマイナスの極性はありませんが、実は、充電側、接地側に区別されています。大きい方の穴は、この接地側になっております。

なお、電気製品のプラグはどちらの向きに差し込んでも使うことが出来ます。

原因として考えられる事は、電圧が高いためと思われます。電圧測定などの調査が必要です。

なお、電球の定格を110Vの物を使用すると寿命が長くなります。

プラグは、コンセントから簡単に抜けないようにしなければなりません。そのため、プラグの穴の部分にコンセントの突起部分が差し込まれ密着する仕組みになっております。

コンセントをプラグに差し込む時は、きちんと差し込みましょう。

機種によっては復旧操作を要するものがあり、その例として、コンセントを1度抜いて入れ直す、リセットボタンを押すなどがあります。

対策として、非常放送の電源回路及び、D種接地回路に低圧避雷器を取り付けることで雷による機器の損害を防ぐことが出来るでしょう。

従来の抵抗加熱や赤外線加熱では、効率が悪くお勧めできませんが、製品が鋳物であることから誘導加熱は検討してみる価値があります。

照明を多く使っており、照明器具の安定器をインバーター方式に交換することで使用量は低減します。また、最大電力を抑える「デマンドコントローラー」という装置があります。

配線器具には、電気が流せる限度が決められております。テーブルタップなどでタコ足のように配線して使うと電気を流せる限度をこえてしまい発熱し火災の原因となり危険です。できるだけコンセントから直接使うことを心がけましょう。

なお、配線器具の流せる容量の標準は下の絵のとおりです。

タコ足配線はいけません

熱くなるのは、おそらく電気機器の使い過ぎか、接触不良が原因です。そのままご使用を続けますと、火災になる可能性があります。

一度、電気工事店の方に見ていただくことをおすすめします。

プラグが熱くなっていることがあります

それはとても危険です。コンセントやプラグなど、配線器具が壊れておりますと、感電などの恐れがあります。

電気工事店にお願いし、早めに修理、もしくは取り替えてもらいましょう。

壊れたコンセントは危険です