無停電での設備診断のご案内

赤外線熱画像診断 (過熱異常箇所の発見)

電気設備は、一般的に負荷電流の増加とともに各部の温度が上昇します。特に、開閉器の接触部及び電線接続部は不良の場合に過熱することがあります。

赤外線熱画像診断は、物体の表面から放射する赤外線を検出し温度分布を画像表示し、電気機器の異常及び過負荷による過熱状態をリアルタイムに診断します。

電線接続部の過熱の画像表示

変圧器の表面温度の画像表示

高圧開閉器・地絡継電器診断 協会特許技術

電気の入り口である引込柱の高圧気中負荷開閉器の劣化及び地絡継電器の動作状況を確認することは、波及事故や突発的な停電事故を防ぐために大変重要です。

高圧開閉器・地絡継電器診断は、お客さまからの「信頼性を高めるためにいつでも試験できるようにしたい」「先日の雷の影響を確認したい」「停電できないが、開閉器だけは確認したい」などのご要望にリアルタイムで対応します。

電測定器

開閉器アダプタ

※開閉器アダプタの取付けには停電が伴います

絶縁診断

高圧漏れ電流測定(絶縁劣化の発見)協会特許技術

高圧回路の絶縁劣化が進行し不良状態になると地絡継電器が動作し突発的に停電となりお客さまの業務に支障をきたすこととなります。

高圧気中開閉器の高圧漏れ電流測定で診断する場合、零相変流器(ZCT)より出力している電圧レベル(Z1、Z2 端子)は、継電器の種類により出力電圧が異なるため、補正電流(15mA、20Hz)をZCTのkt、lt端子に流して、Z1、Z2端子に発生する出力電圧を漏れ電流値として算出するため、簡単に漏れ電流の計測が行えます。

測定接続図

超音波式放電探査(放電箇所の検出)

送配電線系統機器の一部に放電が生じた場合、その部分から電波・超音波・音波等を発生します。超音波式放電探査は、これらのうち超音波をとらえ放電している不良箇所を遠方より検出します。

ウルトラホン

リークによる絶縁物溶損

低圧電路絶縁抵抗測定

低圧電路絶縁抵抗測定は、低圧線路(600V以下)の対地絶縁抵抗及び有効分漏れ電流を活線状態で測定します。B種とD種接地間に監視電圧(1Hz、5Vrms又は2.5Vrms)を重畳し、演算により対地絶縁インピーダンスに含まれる絶縁抵抗分を測定します。

測定原理図

高圧CVケーブル劣化診断(絶縁破壊の未然防止)

地中に埋設して使用される送電用の電力ケーブルは、時間経過とともに、外部からの浸水などにより絶縁材料中に樹枝状の隙間がある水トリーが生成され、絶縁強度に劣化を招くことがあります。

高圧CVケーブル劣化診断は、高圧CVケーブル(6.6kV級) の外部遮へい層-接地間に流れる電流から、ケーブルの水トリー劣化状態に起因する直流電流成分を検出しケーブルの水トリー劣化状態を診断します。CVケーブル遮へい層に商用周波数の2倍+1Hzの交流電圧を重畳し、水トリー劣化に起因した1Hzの微小電流を測定する交流重畳法の機種での診断も可能です。

(*シールドアース端子の加工が必要な場合、短時間の停電をお願いしております。)

高圧ケーブルと水トリーの種類

直流成分の原理

特別高圧避雷器劣化診断(避雷器の保守点検)

ギャップなしの酸化亜鉛形避雷器は劣化に至る前駆現象として、漏れ電流(全電流、抵抗分電流)が増えることが知られています。この酸化亜鉛形避雷器劣化時の漏れ電流(抵抗分電流)は、第3高調波成分が増加することなどから、特別高圧避雷器劣化診断はこの第3高調波を測定し劣化の診断をします。ギャップ付の避雷器の漏れ電流測定もできます。

特別高圧用避雷器

高圧絶縁監視装置での診断 協会特許技術

電気機器の劣化診断と状態監視保全により事故要因を事前にキャッチしこれを除去することは、お客さま設備の大変重要な課題です。

特に高圧停電を伴った事故の大半は、高圧回路の絶縁不良に起因することから、高圧回路の絶縁不良を事前に発見し早期改善を図ることがお客さま設備の供給信頼度を高めるために必要不可欠なものとなっています。

高圧絶縁監視装置は非接地方式配電系統の自家用電気設備において、微地絡などの前兆現象を的確に検出する装置で、単回路用と4回路までの多回路用がありお客さまの設備実態に合わせた取付が可能です。

お客さまの高圧受電設備の絶縁状態を24時間監視し、経年劣化や他物接触など絶縁破壊にいたる前兆をとらえ突発的な停電の未然防止を図ります。

変圧器油中フルフラール&ガス分析

油入変圧器の絶縁は主にコイル絶縁紙と油です。油は劣化すれば交換できますが、コイル絶縁紙が劣化した場合は事実上交換不可能です。つまり変圧器の寿命といえます。変圧器油中フルフラール分析は、そのコイル絶縁紙の劣化状態を診断します。(この診断は協会で絶縁油を採取し、外部に分析を依頼します。)

注)無停電で採油可能な変圧器を対象とします。

お引受けできる試験診断項目

私どもでは、受電設備、発電設備、蓄電池設備、配電設備、負荷設備、消防用設備など電気設備全般にわたり点検・試験診断等の業務を行っております。主な項目は以下のとおりです。

  試験診断項目 使用機器
無停電診断 高圧ケーブル活線絶縁診断 活線水トリー測定器
無停電、非接触による過熱診断 赤外線熱画像装置
(サーモトレーサ)
高圧開閉器
・地絡継電器診断
開閉器テスタ(協会特許品)
・浸水検出
電気使用合理化診断 多回路電力計測装置
・グランプオンパワーハイテスタ
・デマンド監視装置
高調波分析 高調波分析装置
過渡現象分析 FFTハイコーダ
・メモリーハイコーダ
・高圧プローブ
電源品質診断
(瞬時停電・フリッカー等)
電源品質アナライザ
・電源波形監視装置
高圧絶縁診断 高圧リークメータ(協会特許品)
・リークフォーン
・MR12
・高圧絶縁監視装置(協会特許品)
低圧電路絶縁診断 低圧絶縁監視装置
電気磁気診断 ハンディガウスメータ
電波レベル診断 1GHzシグナルレベルメータ
機器劣化診断 高圧機器劣化診断 tanδ試験装置
・部分放電測定装置
高圧・特別高圧ケーブル診断 直流絶縁試験装置
(高圧・特別高圧)
変圧器劣化診断及び
絶縁油・PCB分析
油中ガス分析器
・フルフラール分析
特別高圧避雷器劣化診断 避雷器漏れ電流測定器
・避雷器試験器、
避雷器漏れ電流波形計測器(開発品)
蓄電池劣化診断 バッテリーハイテスタ
特別高圧絶縁耐力試験 絶縁耐力試験装置(154kV応談)
機器性能試験 雷インパルス耐電圧試験 衝撃電圧発生装置
開閉サージ電圧測定試験 超高速デジタルオシロスコープ、
高圧プローブ
特殊保護継電器試験 無歪型保護継電器試験器
外各種
接地抵抗測定 電位降下法接地抵抗試験器
低抵抗測定試験 接触抵抗測定器
過渡インピーダンス診断 サージインピーダンス計
遮断器性能試験 遮断器
タイミングチェッカー
・トリップテスタ
計器校正 計器校正装置、
ダイヤル可変抵抗器、
パワーマルチメータ
各種探査 高圧ケーブル事故点探査試験

デジタル放電検出型パルスレーダー、
1000Vインパルス発生器(開発品)

マーレーループ方式一式

地盤の電気探査 大地比抵抗測定器
埋設ケーブル(配管)探査 埋設管探査器