弊協会設立の経緯

東北電気保安協会は、昭和39年7月に公布された電気事業法の基本となった電気事業審議会の答申に基づき、一般用電気工作物に対する電力会社の保安調査と自家用電気工作物の主任技術者の保安監督を代行する専門機関として、昭和41年2月15日、民法第34条に基づく財団法人として、その設立が通商産業大臣(現:経済産業大臣)より許可されました。

その後、平成20年12月に施行された公益法人制度改革関連3法に基づき、平成24年3月21日内閣総理大臣より一般財団法人として認可を受け、平成24年4月1日、(旧)財団法人から一般財団法人に移行しました。

一般財団法人東北電気保安協会は、電気事業法第57条の2に基づく経済産業大臣の登録調査機関であると同時に、同法施行規則第52条第2項に基づく保安管理業務外部委託制度における電気保安法人となっております。